決算発表の前日はかなり悩みます

株取引をしていて一番悩むのが決算発表の前日です。
基本的に買いポジションを取って、値段が上がったところで利益を確定するタイプの売買の人むけの話です。

その銘柄が気に入っていて、実際に買いを入れてから順調に値段が上がったり下がったりを繰り返しながらも順調に右肩上がりのグラフを描いている場合、このままホールドしておけばいいのですが、決算発表でガラッと風向きが変わることがあります。
これまでは成長産業の最有力企業として決算発表もよかった銘柄が、予想を下回るくらいの成長率になってしまうと、決算発表の次の日から、どんどん値が下がっていってしまうことがよくあります。そしてそういう銘柄は値が下がったまま安定してしまい、もう元の様な右肩上がりのグラフを描くことはほとんどなくなります。
逆にサプライズ的に良い決算発表だった場合は翌日ストップ高ということもあります。
なので、決算発表の前日はとにかく悩みどころです。
とりあえず利益を確定しておくのが無難な選択ではありますが、サプライズ決算でストップ高になったのを見ると、後悔するのも事実です。

安く買って高く売ることが重要です

株投資といえば、とにかく買う時には安く買うことが重要です。

そのため、買うタイミングを探すために、株価の流れをよみ、好機を見極めることが必要になります。このように、慎重に買うようにすれば、安く買うことができるのです。そして、売る時には、高く売らないといけません。

買った値段よりも高く売ることによって、利益を出すのです。この利益というものは、少しでも多いほうがいいのです。これもまた、株価の流れをよむことにより、好機を見極めることが求められるのです。

また、株価の上昇を期待するならば、成長を見込むことができる企業の株を買うことが大切となります。株を購入した企業の業績が下がってしまうようでは、株価の上昇は期待できません。そういう意味では、投資先もきちんと見極めることが大切となるのです。そして、企業の業績次第では、株そのものの価値がなくなってしまうこともあります。そうなると、投資した資金をすべて失うことにもなるのです。投資先を選ぶのも慎重になった方がいいでしょう。