株投資に参入しやすくなった

インターネットに接続していれば、誰でも株投資ができるようになりました。資本家だけが考えることというイメージが崩れています。貧民でも、株投資はできます。買い、売りの注文を入れるだけだから、とくに知識がなくても、売買することが可能です。しかし、トレーダーの9割は負けているという噂があり、その中で勝つ株投資をするには、相応の勉強が必要です。初心者がゼロからスムーズに株式投資を始められるよう、基礎知識をまとめたサイトなどがネット上には幾つもありますので、そういったところを参考にすると良いのではないでしょうか。

また、シストレというものを導入すれば、買いたい、売りたいという感情ではなく、チャート分析に基づいた売買を自動でしてくれます。これでも負けたら、やめたほうがよいかもしれないし、感情によるよりも勝率は高まると考えています。
シストレの機能については、各社ごとにそれぞれ少し異なりますが、それほど大きな違いはないように思います。一度、そのうちいずれかのシストレを試してみるのをおすすめします。売買を自動化できれば、ずっと画面とにらめっこしている時間を削減することができ、他の用事をすることができます。

ネット証券は使いやすいですよ

ネット証券ってすべてネット上で取引するものだから怖いって思う人もいるかもしれないですけど、結構使いやすいなって思います。リアルタイムで株価の動向も教えてくれるし、便利なツールも揃っていますね。株主優待検索とか銘柄検索とかもさくっとできちゃうのでとても便利だなぁと思っていたりします。
しかしながら、ちょっとリアルタイムよりも時間差があるので、頻繁に取引する人はトレードツールとかを利用する必要があるのかもしれませんね。そんなに簡単に稼げる世界ではないな~ってしみじみ思ってしまいます。また、時々サイトのメンテナンスとかが入るので、その時に自由に取引できなかったりします。その辺はちょっと怖いかもしれないです。
まぁ、普段は傍観しているだけでさしたる弊害はないですし、株主優待や配当はしっかりもらえています。ネット証券だからといってサービスが悪いということもありませんし、気になることは電話して聞くこともできるので、結構安心して使えています。